思考停止して解法を覚えるくらいなら、問題が解けないほうがマシ

数学がなかなか理解できず、問題が解けないときに、耳元でささやく悪魔の言葉、

「解法を覚えちゃえばいいじゃん!」


受験数学なんて、解法を暗記すれば問題を解けるようになるというのは、昔から言われ続けていることです。

「解法を覚える・・・」

確かにテストの点数は、それで解ける場合も多いと思います。
でも、高校時代の僕は、

「理解することをあきらめて解法を覚えるくらいなら、解けなくてもいいや」

という気持ちでした。

 

たかだかテスト、たかだか受験のために、数学の面白さが理解できるかもしれない道を自ら閉ざすなんて考えられないことだと思いました。

 

僕は、数学が苦手だったし、数学の問題が解けませんでしたが、数学に対するリスペクトは持っていましたし、そこには、何かすごいものがきっとあるのだという期待感がありました。

 

解法暗記に走ることは、そういう「よいものへつながる道」を、根底から否定してしまう行為のように思えたのです。

 

センスはないし、解法暗記はしたくない・・・

 

そんな僕の数学の成績は、低空飛行を続けるだけで、なかなか浮かび上がるきっかけがありませんでした。

 

ただ、成績は上がらなくても、数学を嫌いにはなりませんでした。

 

あのとき、中途半端に解法暗記に走っていたら、そのときの成績は少し改善したかもしれませんが、数学を嫌いになってしまっていたかもしれませんね。

—————————————————————————

僕は、いわゆる「例題演習」を否定しているわけではありません。

 

模範解答を真似ながら、自分でも同じような解答が作れるように反復練習するのは、
数学の勉強の最初の段階で必要な訓練です。

真似して、反復しているうちに分かってくることもよくあります。

僕が嫌いなのは、「思考停止」。

つまり、「理解しようとすることをあきらめること」です。

 

ただし、例題を使った反復練習だけでは到達できないレベルがあります。

そこからもう一歩進めないと、はじめて見る問題を自力で解けるようにならないわけです。

 

その先に、すんなり進んでしまう人が、「センスのある人」だと思いますが、残念ながら僕はそうではありませんでした。

 

そこに、壁を感じていました。

この壁を突破することができたのは、ある「気づき」のおかげでした。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ